毎年恒例の2009年12月パートナーズコンファレンスに関する2008/2009年次報告書のアップデートについて

毎年恒例のグループによるパートナーズコンファレンス(昨年12月にロンドンで開催)に続き、国際監査と投資顧問業グループマザーは、年次報告書の第五版のアップデートを提示している。

毎年恒例のパートナーズコンファレンスはマザーのパートナーシップの中で、重要な位置を占める。

グループの年次報告書(IFRS基準に従い、共同監査されたグループの連結決算書)は、コンファレンスと同時に発表される。

コンファレンスの間、総てのパートナー達は、グループの戦略(例:地理的な拡張や新種業務開拓や、才能の開発…など)について議論して、投票する。

昨年12月のコンファレンスで、投票により決議した主要事項は、パートナー達が選出した新執行理事会(新管理委員会)は、新しいパートナー46人を選出し、新しく加わった5ヶ国のパートナーシップを歓迎した、という事だ。

また、上記のアップデートは、グループの組織構造を提示する。その組織構造は、マザーのアプローチとビジョンの典型的に示し、才能の相互作用を強調するのだ。

以下のサイトで年次報告書のアップデートを読み込んでください。
annualreport.mazars.com

Share