透明性確保のための基準の評価

2009年5月、ヨーロッパ委員会は上場会社に求められる財務諸表の透明性を向上させるための研究をマザーに依頼した。

この目標のため欧州連合の15カ国のメンバーとヨーロッパ以外の六つの巨大なグローバル金融マーケットで活躍する重要マーケットのプレイヤーの意見を集め、分析が行われた。3500人以上の投資家が招待され、90のインタビューが行われた。

全レポート及び要約の中で、ヨーロッパ委員会が透明性を向上させるための解決策や勧告が述べられている。

要点は下記の通り。

  • 現在上場会社に更なる情報開示を求める事は必要ない。
  • 欧州連合の中で項目が統一されたり、中小企業に対し詳しい体制が確立されれば日々の業務は更に簡量化される。
  • 中間発表の期限は3ヶ月延長されるべきである。
  • 重要事項についての開示基準は完全に統一し、投票権を借、貸については更に透明でなければいけないし、不在投票(empty voting)の実行は制限されるべきである。そして現金による株の交換は公開、大株主の開示、インターネットの開示も進めなければいけない。
  • そして情報に対して国境を越えた投資家のアクセスは強化されるべきである。

更に詳しい内容はお問い合わせを受け付けています。 transparency.directive@mazars.com

透明性の向上に関しての更に詳しい内容はヨーロッパ委員会のホームページを訪問してください。

Share