2010年に日本上場企業の国際財務報告基準を許可

Pascal JauffretによるIFRSの最新情報アップデート

金融庁は上場会社が連結財務諸表を2010年の331日終了事業年度以降に終了する事業年度より(IFRS)国際会計基準を適用出来ることを発表した。

金融庁はまた米国のGAAPの使用は2016年以降には許可されないことも発表した。非上場会社に対する、国際財務報告基準「IFRS」使用については2012年に待ち越される事になった。

上場会社は2009630日に刊行された国際財務報告基準を参考することは許される。最近刊行された国際財務報告基準第8条は指名された国際財務報告基準のリストには含まれていない。金融庁によってすぐあとに追加されるとみられる。

この決定は日本の上場会社が財務報告をヨーロッパを含め世界中で使われている国際基準を適用することが可能にする。

マザーはこの決定により、お客様を国際財務報告基準「IFRS」に合わせてサポートするよう専門チームを日本に送った。

この件に関しての詳しい内容はお問い合わせ下さい

Share