ジャン=フランソワ・ザルツマン が 新 マネージング・パートナーに就任

監査、税務、アドバイザリー業務を提供する国際的なファームであるMazars in Japan(本社:東京都港区、マネージング・パートナー:ジャン=フランソワ・ザルツマン)は、エマニュエル・ティエリーがフランスのMazars で欧州のサステナビリティ監査サービスを担当するため、後任としてジャン=フランソワ・ザルツマンがMazars in Japanのマネージング・パートナーに就任したことを発表しました。プロフェッショナルサービス業界において30年以上の経験を持つジャン・フランソワは、Mazars in Japanがクライアントに最高品質のサービスを提供し続けられるよう、日々の業務管理および日本やアジア太平洋地域における戦略的拡大を行い、Mazars in Japanの成長を牽引してまいります。

 

ジャン・フランソワは1998年にMazarsへ入社し、ドイツやフランスなど様々な国のMazarsオフィスの責任者を歴任後、チェコ共和国とスロバキアのMazarsオフィスを立ち上げ、その後は、Mazars中欧活動全体をモニターするポストに就きました。2010年、中国本土のマネージング・パートナーに就任し、5,000人以上のプロフェッショナルを抱えるまでに成長させることに成功しました。また、Mazarsのアジア太平洋地域取締役会の役員として、ファイナンシャル・アドバイザリーサービス、北アジア、ERP(企業資源計画)のグローバル展開を担当しています。

今回の就任に際して、同氏は次のように述べています。「エマニュエルと日本のMazarsがこれまで築き上げ、達成してきたことに非常に大きな敬意を抱いていますし、チームと協力してビジネスをさらに拡大させることを楽しみにしています。私がこの職務に就いた理由は、これまでの経験をすべて生かし、Mazars in Japanの社員とクライアントに対し優れたコミットメントを構築することができるからです。」

ジャン・フランソワの就任について、アジア太平洋地域のCEO およびグループ取締役会の役員であるパスカル・ジョフレは次のようにコメントしています。「日本のMazarsは30年前に設立されて以来、成長を続けており、過去数年のパンデミックによる困難にも耐え、これまで以上に日本や世界のクライアントに貢献できるよう努力しています。現在、私たちは将来に向けて、経営をさらに強化するための計画を進めています。ジャン・フランソワは経験豊かなリーダーであり、当ファームの国内外での事業拡大を推進するための知識と専門性を備えています。彼はまた、私たちの文化と人材に対する情熱と、人材を第一に考え、そして顧客を大切にするという信念、そしてビジネスの成功は、最初の2つが正しく行われた結果であるという考えを共有しています。彼のビジネスセンスと、国際会計、税務、ビジネス規制の分野での専門知識、そして運営におけるノウハウは、この競争の厳しい市場での当ファームの立場をさらに強固なものにしてくれると確信しています。」

Mazars について

Mazarsは、監査、会計、アドバイザリー、税務、法務サービスを専門とした国際的な統合パートナーシップです。世界の90以上の国と地域で活動し、28,000人以上からなるMazars統合パートナーシップと16,000人以上からなるMazars North America Allianceを合わせた44,000人以上のプロフェッショナルの専門知識を活用し、あらゆる発展段階にある、様々な規模のクライアントを支援しています。
*適用される国内法により認められている地域のみ。

Mazars in Japan について

日本のMazarsは30年前に設立され、現在は、8人のパートナー、180人の従業員を擁しています。Mazars in Japanは日本における外資系企業へのサービスを提供する一方で、日本企業の日本国内および海外進出も精力的にサポートしています。

  

【本件に関する 報道関係者からのお問い合わせ先 】
Mazars in Japan
マーケティング&コミュニケーション
寺本美那( Head of Marketing Communication)
communication@mazars.jp