Mazars 有限責任監査法人

独立性を保持した監査業務の提供により、社会と利害関係者に信頼感と透明性を提供します。

グローバル・ビジネス環境がめまぐるしく変化する中でも、包括的かつ客観的な監査の重要性は揺るぎません。企業開示に対する社会的信用基盤を提供することで、企業に対する信頼感が高まり有効なビジネス関係が促進さるとともに、資本配分の効率化も進み、投資と成長の加速につながります。

Mazarsのアプローチ

Mazarsでは、人財の能力を重視する独自のアプローチを取っており、様々なサービス・ライン間で密接にコミュニケーションを行うことにより、各プロフェッショナル・スタッフは、統率の取れたひとつのチームとして協力しあう態勢を築くことができます。各エンゲージメントに適したスキルと適切な人財を組み合わせて、チームメンバーの知識の蓄積を活用し、一貫したツールと方法論を用いて、日本・グローバルの様々な拠点および規模と構造を持つ企業に、サービスを提供しています。

Mazars有限責任監査法人は、監査・保証業務を通じて、付加価値を提供し、透明性を促進しています。我々は、相互の信頼と敬意を基盤に、建設的な課題に取り組み、企業による利害関係者への開示内容に対して信頼を付与することが重要であると、考えています。 

Mazarsが、企業および株主や他の利害関係者に十分なメリットをもたらすことができるのは、このような堅牢なアプローチを採用しているからといえます。このアプローチは、金融市場・社会全体に最大のメリットをもたらし、持続可能なビジネスと経済の発展にも貢献しているものと信じています。