IFRS16 Seminar for Real Estate Leasing on December 19, 2018

Susumu MOTOYOSHI, Audit Senior Manager at Mazars WB Audit Corporation held a seminar on IFRS 16, with special focus on real estate industy, on December 19, 2018.
2018年12月19日、金融ファクシミリ新聞社 セミナールームにてMazars WB監査法人 シニアマネージャー 公認会計士 本吉 進 が「リーシング担当者のためのIFRS16号「リース」」セミナーを開催しました。

Lecturer: Susumu MOTOYOSHI 本吉 進

公認会計士。1999年にセンチュリー監査法人(現・EY新日本有限責任監査法人)の大阪事務所に入所。電鉄業・製造業・貸金業・建設業等の多様な業種の法定監査を経験した後、IT内部統制評価の専門部署での経験を経て、2007年に東京事務所に移籍。その後は一貫してREITを中心とする不動産ファイナンス関連の監査・上場支援に従事するとともに、大手不動産デベロッパーのIFRS導入支援や上場AM会社の内部統制構築支援にも深く関与した。2017年にフランス拠点の国際会計事務所であるMazarsグループに合流、現在シニアマネージャー。システム監査技術者、証券アナリスト協会検定会員、不動産証券化協会認定マスター等も保有。

[Topics Discussed]

1. IFRSの概要  

  • IFRSとは?  
  • 日本企業へのIFRS適用状況~東証時価総額の過半へ  
  • リーシング担当者のパラダイムを変える 

2. IFRS16「リース」の概要  

  • IFRS16「リース」とは?  
  • テナントの決算書がこうなる~負債が2兆円増える事例  
  • リーシングという仕事のパラダイムが変わる  
  • テナントのビヘイビアが変わる

3. 借手(テナント顧客)の処理の概要  

  • 「リース負債」と「使用権資産」の計上ロジック
  • 「リース料」とは?
  • 「リース期間」とは?
  • 「割引率」とは? 

4. リーシング担当者としての付加価値を 

5. 今後のリース会計について 

6. まとめ

多数の方にご参加いただきまして、誠にありがとうございました。

 We would like to thank you for those who attended the seminar.